アトピーとは

アトピーの正式名称はアトピー性皮膚炎です。原因はアレルギー反応で、症状としては皮膚の炎症や痒みなどがあります。

年齢層でいうと、その8割は幼少期といわれる5歳までに発症します。しかし、幼児期に発症しない人でも成人になって発症する場合もあります。

その症状は年齢層によって少し異なりますので、紹介してみましょう。

乳幼児の場合、湿疹が始まるのは顔面や頭部が多く、徐々に下へ拡大することで悪化していきます。幼児期や学童期においては、衣服や皮膚同士がこすれる部分に多く発症し、首やわきの下、関節の裏側や内側など全身におよびます。時々、耳の下が切れている子どもを見かけますが、これもアトピーの症状です。

成人の場合は湿疹が左右対称で、痒みを伴い慢性化する傾向にあります。

外観の特徴としては、思春期以前の場合はじゅくじゅくとした湿潤型、思春期以降ではカサカサとしている乾燥型であることが多く、乾燥型の場合には頭皮に大量のフケが見られることも少なくないといいます。

幼少期におけるアトピーでは、胃腸の発達により消化能力が高まることで自然治癒することも少なくありません。しかし近年では、治っても環境の変化で容易に再発する、あるいは症状が成人になってからも落ち着かないという人も増えているそうです。

症状にも多少の個人差はありますが、大抵は痒みを伴います。日常生活において痒みがある場合は本人に苛立ちがあるばかりか、周囲や家族へのいら立ちなども少なくないようです。

top↑


 

洗顔石鹸